toggle
2015-08-22

パリで建築散歩!-4

ギャラリーのコーナーでヴォージュ広場の音楽隊を紹介しましたが、パリでは音楽を演奏している人たちに頻繁に出会います。

しかも街によくとけこんでいる。パリを初めて訪れた人は誰でもまずメトロでの演奏に驚くでしょう。乗車すると突然目の前でアコーディオンを弾き始める。そして1曲演奏をし終えると、手のひらを乗客の前に差し出しながら車内を移動していく。

去年『パリ建築散歩』の取材のために訪れたときも、メトロでは何回もそういうシーンに出会いましたが(アコーディオンは少なかったかな…)、偶然かどうか、車内での演奏や歌の質がとても落ちているように感じました。思わずお金を差し出してしまいそうな人はゼロ。だいたいはへたっぴいで、誰がこんな歌を聴かされてお金をだすだろうか…と思うような人ばかり。中には詩のようなものをかなり投げやりな感じで詠じている人もいましたが、ほとんどがなっているような調子で聴くに堪えない有り様でした。

驚いたのは、ある時、ロックのビートのガンガン効いた音楽をスピーカーから大音響で出しながら鍵盤付きハーモニカで演奏しているおじさんがいたんですね。演奏はかなりうまかったんですが、周りの迷惑を気にしている風はまったくなかった。さすがに近くにいた乗客はお金を差し出すどころではなく、逃げだしていましたが。ああいうの、何のためにやってるんですかね…。

比較すると、構内で演奏をしている人たちはうまい人が多い印象で、まずはそんな人たちの写真を3点。

メトロ 1 (1)

これは、たしか1区を通るメトロの乗り換え通路で見かけた音楽隊。違う日も同じ場所で演奏してました。

メトロ2

どこで撮ったのか忘れましたが、ドラムまで持ち込んで本格的。ジャズとクラシック系の人たちの演奏はだいたいうまいですね。

20140515-20140515-_DSC1645_DxOFP

ギターの演奏者を女性が音声を確かめながらビデオを撮っていたのがちょっと珍しい感じがして撮ったショット。この映像、YouTubeとかにアップしたんだったら観てみたいけど。

ビュシ通り

こちらはサン=ジェルマン=デ=プレ教会の裏手にあるビュシ通りのジャズバンド。おじさんたちがカッコよかった。ビュシ通りは『パリ建築散歩』でも紹介しましたが、夕方になると若者たちが集まってきて活気づくスポット。本では若者たちで賑わうブラッスリーの写真を掲載しました。

オルセー前

オルセー美術館の隣にある建物前でクラリネットを孤独に吹いていたオジサン。

ボフィル

これは演奏している人はいなかったんですが、1区のボフィルの建物のアーケードで遭遇したシーンを撮りました。本では、羽蹴りをして遊んでいる若者たちの写真を使いましたが、その背後に写っていたのがこの社交ダンスを楽しむ人たちで、街の中にこんなシーンが自然にとけこんでいるのがいいですね。一人だけ、赤シャツの人の足が停まっているように見えるのが不思議。

関連記事
Comment





Comment